地方では放置自転車をビジネスとするのは厳しい?

東京と地方では全く自転車の数は違うとはよく言われますが、ライバルは同じ数がいますか?

地方にはあなたと同じ考えの方がいたとしても、そこであなたが一人抜きん出れば、相手は仕事をやる気力を削ぐことができます。

そこまでの状態を一刻も早く持っていくというのが正解ですね。

どんな地域でもライバルは存在します。ライバルのいない地域であれば、自転車は存在しません。

人口の少ない地域が逆にチャンスと考える理由の一つです。

【完全解説】パートナー制度資料ダウンロードはこちら

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する