友人と共同経営(パートナー加盟)は可能ですか?

パートナー加盟は、共同経営として参画したとしても、基本的にどちらかの方が窓口になって頂ければ構いません。経営者が従業員に作業をさせる場合も、窓口(責任者)を明確にしていただいております。

共同経営や出資してもらってビジネスを始めるというのは、お金の絡むことですのでお勧めはしておりません。

うまくいっても取り分で揉めますし、うまくいかなかったら取り分が無いので必ず揉めます。

多額の資金が必要なビジネスならば、出資を受けたり共同経営も良いとは思いますが、ビジネスに興味を持つ本人がお金を工面して参画するのが良いと思います。

放置自転車撤去はスモールビジネスですので、出来る限りシンプルで勧めていくのが鉄則と考えます。

責任は自分一人で負う!ぐらいの覚悟で始めた方が、最初はうまくいくのではないかと思います。

【完全解説】パートナー制度資料ダウンロードはこちら

放置自転車ビジネスに関する全ての情報を入手できます。

・パートナー参加費などの諸条件を知ることが出来ます
・放置自転車ビジネスの進め方やノウハウをメールで受け取れます
・グループ代表の中村社長に直接会えるパートナー制度のセミナー案内が優先的に届きます
・ビジネスの可能性を知ることが出来る、稲本社長と中村社長の対談音声を無料でダウンロードできます
・セミナー時に使用している資料の一部を入手できます
・「放置自転車ビジネス開業マニュアル完全解説版」レポートを無料で入手できます
・パートナー制度やスモールビジネスに関する最新情報をメールでお届けします

全ての情報を完全無料で入手する